128MB / vSwap 256MBサーバーの使い道(2)

年間:$14.99USDという内容で、国内のサーバーを探すと、共用サーバーが思い当たる。無料のサービスは除外すると、さくらの共用型レンタルサーバーライトプランが比較的安い。しかし、SSH接続などといったことは一切できないので、サーバーのメンテナンスなどは、FTP接続を利用して実施するしか無い。

共用型のレンタルサーバーでSSH接続を許容しているものは、希少でメンテナンスの煩雑さからすると、SSH接続が可能な格安サーバーがあれば、良いのだが、そうにはならないといったところである。少し考え方を変えて、このようなレンタルサーバーと同等なサービスを安価なVPSで実現してしまうのも、悪くない選択かと思い、期間限定で、実験してみることにした。

前回の記事で、オールインワンなVPSを否定したのだが、サーバーがダウンしない程度のメモリー構成で、スピードもそこそこ出れば、実質的に、レンタルサーバーよりも自由度が効くVPS上に構成しても良いのかなと考え始めた。

しかし、WordPressを構成した場合、その多くが記事の編集時のメモリー負荷である。
これを除けば、さほど、アクセス数が無いサイト運営では、これでも充分に機能する。
現在の構成は以下のとおりである。

  • ネームサーバー(bind*)
  • メールサーバー(saslauthd+dovecot+sendmail)
  • ウェッブサーバー(Apache+MySQL+WordPress)
  • MySQLサーバー
  • FTPserver

と盛りだくさんの構成をしてみた。
LAMPP+MailServer+FTP-Serverとなっていて、一般的なKVM上で512MB:1024MB Swapのような構成なのだが、商用ではないので、普段のサーバーリソースが、大幅に枯渇し、サーバーダウンといった事態になることはない程度で走っている。重いサーバーでは、WordPressの編集にも支障を来すこともあるが、vSwap:256MBというのは相当威力を発揮してくれているようだ。

セキュリティー上、好ましくないが、この記事を書いている時のTOP画面を添付しておく。2014-05-28_175114単機能サーバーとした時のメモリー負荷とは比較にならないくらいの高負荷になってしまっているが、これでも、そこそこWordPressの編集が出来る。
これで安価で、SSH接続が可能なレンタルサーバーが完成するのだから、悪くない選択と言えるかもしれない。

もちろん、国内のレンタルサーバーでSSH接続を許容するものが出てくればありがたいと言うのには異論が無いわけだが…

Comments are closed.