OpenVZ 128MBなVPSって使えるの?

128なOPEN VZ !?

OpenVZが軽量なのは知っているが、果たして、128MBでWordPressが走るもんか! と、ばかにしていたら、しっかり走っている。
昨日、256MBなVZを解約したばかりでしたが、どうも、メモリー負荷とは、関係なく、サーバーがスカだったということかな?

リソース配分が良いのか、ここBudgetVMでは、某所の激安サーバーでは、体験できない爽快感があるのかもしれませんね。これまで、はっきり言って、128MBじゃ重たいWordPressなんぞ走るものかと、思っていたが、あまりスペックが高くない古いパソコンで、VMware-Playerなど走らせて、そこに、OPEN VZ環境を作って評価用サーバーにしても、しっかり走っているので、少し疑問に感じて、とうとう、128MBなVZがどんなものか、試すことにしました。

ま、お決まりの、走行テストなど。

先ずは、SuperPI 104万桁

 ------ Started super_pi run : Sun Feb 24 14:27:35 MSK 2013
 ------ Ended super_pi run : Sun Feb 24 14:27:53 MSK 2013
 Version 2.0 of the super_pi for Linux OS
 Fortran source program was translated into C program with version 19981204 of
 f2c, then generated C source program was optimized manually.
 pgcc 3.2-3 with compile option of "-fast -tp px -Mbuiltin -Minline=size:1000 -Mnoframe -Mnobounds -Mcache_align -Mdalign -Mnoreentrant" was used for the
 compilation.
 Start of PI calculation up to 1048576 decimal digits
 End of initialization. Time=       0.296 Sec.
 I= 1 L=       0        Time=       0.860 Sec.
 I= 2 L=       0        Time=       0.981 Sec.
 I= 3 L=       1        Time=       0.918 Sec.
 I= 4 L=       2        Time=       0.849 Sec.
 I= 5 L=       5        Time=       0.858 Sec.
 I= 6 L=      10        Time=       0.849 Sec.
 I= 7 L=      21        Time=       0.854 Sec.
 I= 8 L=      43        Time=       0.864 Sec.
 I= 9 L=      87        Time=       0.881 Sec.
 I=10 L=     174        Time=       0.919 Sec.
 I=11 L=     349        Time=       0.876 Sec.
 I=12 L=     698        Time=       0.878 Sec.
 I=13 L=    1396        Time=       0.864 Sec.
 I=14 L=    2794        Time=       0.860 Sec.
 I=15 L=    5588        Time=       0.874 Sec.
 I=16 L=   11176        Time=       0.871 Sec.
 I=17 L=   22353        Time=       0.839 Sec.
 I=18 L=   44707        Time=       0.804 Sec.
 I=19 L=   89415        Time=       0.823 Sec.
 End of main loop
 End of calculation.    Time=      17.565 Sec.
 End of data output.    Time=       0.102 Sec.
 Total calculation(I/O) time=      17.667(       0.855) Sec.

なかなか、そこそこでしょうか。
で、RAIDを組んでいるということなので、DISK-I/Oなど・・

# dd if=/dev/zero of=Test.img bs=1M count=1024
1024+0 records in
1024+0 records out
1073741824 bytes (1.1 GB) copied, 5.6925 seconds, 189 MB/s
# dd if=Test.img of=/dev/null
2097152+0 records in
2097152+0 records out
1073741824 bytes (1.1 GB) copied, 2.43249 seconds, 441 MB/s

~結果~

シーケンシャルライト:189MB/s
シーケンシャルリード:441MB/s

結構早いですね。SSDには及びませんが、かなり早い部類じゃないでしょうか。
構成は、オーソドックスな: Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2620 0 @ 2.00GHz
と表示されてます。
割り当ては、1コアです。

この記事を書いている時のHTOP

2013-02-25_011537そこそこな感じで走ってます。

世の中では、無料なサーバーや、月間125円なんていう共用サーバーが存在するわけですが、サーバー容量は、概ね、1GBとか、多くても、3GB程度なところが多いですね。

それじゃ、とことん、軽量化してみたら、どうかということで、いろいろ考えてみたところ、こんなスタイルも意外といけるのかなーと、改めて感心しているわけです。
これは、どう考えても、先述の解約した某所のサーバーがスカだったとしか思えません。
結果良好ということになるのですが、今のところ、128MBを何も最適化せずにとりあえず走らせてみたら、結構行けるかもしれないという、報告です。

もちろん、512MBのほうがいいに決まってますが、そうなったら、その時ですね。
先ずは、使用感などを書いてみました。

 

Comments are closed.